柿もぎの季節

先日のお店定休日、家族皆で妻の実家に植えてある柿の木の実を収穫をしました。

 

 

 

毎年恒例イベントですが、今年の実のなりようは例年に比べ、少なめ。

 

なので、いつもなら2時間くらいかけていたのが、今年はあっという間に終了。

 

自分は屋根に登って、高枝切りはさみで収穫。

 

 

義理母は、独特の竿を使って、手慣れた手つきでサクサク収穫。

 

息子は落ち葉をハキハキお手伝い。

 

 

妻の実家を築80年くらい。その家を見て改めて感じたのは、庭に柿の木が植えてある家というのはすごいことだなと思う。

最近の住宅は住居スペースが主体に考えられいて、「庭」に対する意識も少なくってきている現状。

 

そのような住宅にくらべ、昔の家というのは、「庭」も住居スペースに考えていたうえで建てていたんだな〜と。庭を見て、季節を感じて、そして食して、楽しむことを考えていたのだとも。

 

そう考えると、以前は本当豊かな生活をしていたんだなと感心してしまいました。

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload