日本の暮らし方

前回の日記でもありましたが、「スズキ家の茶ノ間」を開店するにあたり「日本の暮らし方」について、自身の中でかなり熟考しておりました。

 

私の中で憧れの「日本の暮らし方」でパッとイメージしてしまうのが、「東京物語」と「男はつらいよ」の2つの映画。

 

どちらの映画とも日本が誇る名画として認知されているので、私から映画についての話はしませんが、

 

私がこの2つの映画から感じること、

 

 

小津監督の魅せる「東京物語」での「日本の美」

 

「男はつらいよ」で山田洋次監督が伝えたい「日本の優しさ」

 

2つの映画とも何度見ても飽きないですし、なにより観終わったあとの気持ち良さ(いい映画観たな〜という気持ち)がいいんです。

 

二つとも一昔の映画なので「昔は良かった(あの時代は良かったよな〜)」懐古的な印象を持ってしまいがちではありますが、私が想うこととして、2つの感性(「日本の美」「日本の優しさ」)を現代でも十分感じることはできるのでは?

 

簡単に言えば、「東京物語」「男はつらいよ」の2つの映画のようなことを現代のスタイルに合わせて「スズキ家の茶ノ間」で表現していき、来店していたただく皆さんに楽しんでいただければ・・・という想いなのです。

 

 

                                             店主:スズキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload